保険外診療って

このエントリーをはてなブックマークに追加

保険外診療

保険外診療って?

 歯とは一生付き合っていかなくてはならない。というのは誰もがみな知っていることです。なぜなら生命を維持するには、食事を楽しむ、楽しまないに関わらず一生食事をとり続けなくてはいけないからです。

 保険診療は元来“ものを食べるために歯が機能する” ことが中心です。そのため、保険診療で使うことのできる診療内容・材料には制限があります。

しかし、現在では、社会が豊かになり、われわれの生活の質自体が豊かになっています。それに伴い、“個人が健康でそして豊かな気持ちで” 自身の歯を維持する方法として、個々のニーズに応じた治療法や材質ができています。ただそれらはすべて保険外診療となります。

個々が感じる“豊かさ”が違うのと同様に選ぶべき“歯科治療”も様々です。

  そこでここからは、ご自身が“健康でそして豊かな気持ちで”一生過ごすために必要な歯をもつために、我々からみた選ぶための4つのポイントをご紹介します。

4つのポイント】

健康:食事を楽しめるかどうかの指針です。

歯のかみ合わせが大きな要因になります。たとえ自分の歯であっても、肩こりなどの原因としてかみ合わせが挙げられます。人工歯を使う場合、ご自身の骨格やかみ合わせにマッチした歯を選びたいものです。これを適合性といいます。

審美:見た目の美しさにかかわる指針です。

笑った瞬間のぞく歯、お話しするときの口元は、老若男女問わず第一印象に大きくかかわります。素材の種類、そして歯の美しさは選ぶ時のポイントになります。

耐久性:素材の質と健康のバランスの指針です。

安全性:素材の人体に対する影響の指針です。

この二つは、歯だけでなく身体全体に影響する指針です。人工歯の素材によって溶解性というのがあります。これは長い間口の中で存在することで、素材が溶解してしまうことがあります。そうすると体質によっては人体自身にも影響してきます。また溶解すれば、かみ合わせにも影響します。

  歯は千差万別です。保険であっても保険外であっても、また高価な治療がご自身にあっているとも限りません。我々は、患者さん一人ひとりにあった“健康でそして豊かな気持ち”を保てる歯、そして何より今ご自身が納得される治療を提供したいと思います。

ぜひ歯科医師やスタッフまで、お気軽にご相談ください