器具の洗浄・消毒・滅菌

このエントリーをはてなブックマークに追加
患者さんが安心して歯科医療を受けられるもっとも重要な条件のひとつ、それが徹底した衛生管理です。お口に直接触れる器具はもちろん、治療で使用するものは常に滅菌が不可欠なのです。当院ではこの滅菌システムを採用することで、高い安全性と信頼の歯科医療を患者さん一人ひとりに提供いたします。下記で当院で行っている感染予防対策を説明します。

ジェットウォッシャー
ディスポーザブル(使い捨て)の器具をのぞき、ジェットウォッシャーでほぼ全ての医療器具を洗浄しています。
血液や唾液といったタンパク質が凝固しない55℃の温水で効果的に洗浄を行ない、すべての汚染を効果的に落とします。洗浄の最終行程では93度Cで除菌を行っています。除菌後の外科器具はClass Bのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を用いて滅菌をされます。タービン・ヘッドやコントラ・ヘッド(歯科治療用ドリルの先端部分)を自動でメインテナンスしてくれる機械です。強力なハリケンパワーで細かいところまで完璧に洗浄されます。


自動注油機
タービン・ヘッドやコントラ・ヘッド(歯科治療用ドリルの先端部分)を自動でメインテナンスしてくれる機械です。強力なハリケンパワーで細かいところまで完璧に洗浄されます。




クラスBオートクレーブ(滅菌器)Lisa
クラスBオートクレーブは、小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(prEN13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。この規格に比べると日本規格のものは滅菌しているとは言えないからです。「Lisa」は滅菌前にバキュームと蒸気の注入を交互に繰り返し(パルス真空)、被滅菌物内部のすみずみまで蒸気を行き渡らせます.

滅菌パック
当院では院内感染を防止するため、可能な限りディスポーザブルのものを用いております。タービンを始めとした、お口の中に入る全ての治療器具を患者様ごとに、クラスBオートクレーブにかけて滅菌処理を施しています。